スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑沼

9月24日。

この日は旭岳姿見~愛山渓にいく予定でしたが、天候があまりよくないため高原温泉へ。
ヒグマ情報センターから見えた山々にはすでにしっかり積雪が・・・


下の写真は昨年の9月20日に緑沼で撮影した風景です。
紅葉がベストな時期で天気もよかったのですが・・・

midorinuma09.jpg


今年はこのとおり・・・
まだあまり紅葉が始まっていないにも関わらず、木々は雪をかぶっています(汗)

midorinuma10.jpg



雪の中、逃げるように撤退となりました。
今年は夏から秋を経由せずに冬になったようです。
スポンサーサイト

トムラウシ

9月19日。
トムラウシ短絡コース登山口-前トム平-トムラウシ山頂(ピストン)


前日はトムラウシ自然休養林野営場で車泊。
5時30分、トムラウシ短絡コース登山口からスタートしました。

カムイ天上分岐~コマドリ沢分岐。
前々日に登った芽室岳とは打って変わってダラダラと登っていきます。

コマドリ沢に向かう道はいったん登ったのに急坂を下っていくので、残念な感じです。


コマドリ沢~前トム平。
今回のコース全体の中でも最も傾斜が急だったのではないでしょうか。
オガラバナ、ナナカマド、ダケカンバの紅葉もぼちぼち始まっています。

IMG_2694.jpg


IMG_2710.jpg

岩の上でルートを一度見失ったりしながらも前トム平へ。一番右側がトムラウシ山頂です。
ウラシマツツジはもうしっかり紅葉しています。

tomura3.jpg


途中でナキウサギに遭遇したり。

IMG_2724.jpg


さらに進んでトムラウシ公園。目の前にトムラウシの勇姿が見えます。

tomura2.jpg

こちらは反対側の写真。左は前トムラウシ山です。

tomura5.jpg


チングルマも綿毛になっていました。
IMG_2781.jpg


そして山頂へ。
まずは南側を望みます。
登山口は新得からさらに50kmほど、途中からは舗装されていない道をひたすら走ってきただけあって、どこまでも山が続きます。

tomura6.jpg


こちらは北側です。北沼~日本庭園~化雲岳が見えます。
3週間前に登った石狩岳からはトムラウシが見えたのですが、今回は雲に覆われて石狩岳などの東大雪の山々を見ることはできませんでした。

tomura7.jpg


今回の登山はすばらしい景色を堪能できたのですが、やはりトムラウシの醍醐味は日帰り登山ではなく山泊の縦走だと思いました。
来年はぜひ挑戦してみたいです。

IMG_2877.jpg

天気さえよければ十分日帰りで楽しめる山だと思います。

短絡コース登山口(5:30)-コマドリ沢分岐(7:10)-前トム平(8:10)
-トムラウシ公園(8:30)-トムラウシ山頂(9:30)

下山開始(11:00)-短絡コース登山口(14:00)

所要時間 登り     4時間
     下り     3時間
     山頂での休憩 1.5時間

台風

一度更新が滞るとなかなか再開しにくいものです。
今日はいつもと違った写真です。

支笏湖畔の台風の風倒被害地の360度パノラマです。
左右の端に樽前山がみえます。

sisyamo.jpg


平成18年から植林を行っています。
早期に林冠層が形成されるように復興しています。

植林直後の写真として30年ぐらいすればこの写真は貴重な記録になるかもしれません。
プロフィール

kohan25

Author:kohan25
湖畔だより

ノートパソコン等で閲覧の方へ

縦位置の写真で全体が表示されずスクロールが必要な場合は、「F11」キーを押せば全画面表示となり、表示領域が広がります(IE、Firefox、Google Chromeの場合)。


使用機材
Canon
EOS 50D
EOS Kiss Digital X

EF 24-85mm F3.5-4.5 USM
EF-S 60mm F2.8 Macro USM
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS

SIGMA
120-400mm F4.5-5.6 OS HSM
24mm F1.8 Macro

記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。